長野県 東御市の宿場町「海野宿(うんのじゅく)」にある唯一の宿泊施設「海野宿 ふる里館」

ふる里館のおもい

旅は思い出、旅は笑顔

標高2000m美ヶ原高原で山小屋としてスタートしたふる里館。
親切をモットウに、旅の方々へその土地の文化や伝統・歴史、その地に携わる人の想いを伝えてまいりました。
2014年度からは、私どもの大好きな場所の一つでもある海野宿にて宿を始めさせていただくこととなりましたが、海野宿というたくさんの物語の詰まったこの地で、お客様の思い出や笑顔が一つでも増えるよう頑張っていきますので、これからなにとぞよろしくお願いいたします。

イメージ

海野宿

時が止まった街 海野宿

ここ、海野宿には古き良き日本の佇まいがいまだに残されています。
流れる川や、鳥や虫の音に耳を傾け、長い時をかけて培った町並みが心を穏やかにします。
街の喧騒から離れて、ゆっくりとゆっくりと、静けさをお楽しみいただきたいと思います。

イメージ

海野宿ツアー

人と人とが触れ合う宿場町

朝の楽しみ

約650mに渡って続く街並みは、明け方が一番静かで穏やかな時が流れております。
静けさに包まれながら、白鳥神社までの間を、歴史や文化、建物、その土地の方々のお話を交えながらご紹介させていただきます。雨の海野宿、雪の海野宿、霞の海野宿、どれも自然とともに過ごしてきた 先人の趣を感じられ、懐かしい想いでいっぱいになるでしょう。

夜の楽しみ

海野宿の夜は遠くに電車の音を聞きながら、虫の音に包まれる静寂の街へと変わります。
そんな静けさ漂う空間で、線香花火なんかできたら楽しそうだなということで幾種類かご用意しております。
国産三河の線香花火の色、香り、音はなんだか日々の仕事で疲れた心を童心に戻らせてくれます。

イメージ

海野宿の楽しみ方

お店も少ない、人も少ない、そんな静けさこそがここ海野宿の一番の魅力なのです

日本中に数ある宿場の中で、ここまで生活感を大切にされてきた街は他にはなかなかないでしょう。
観光化を最小限にとどめた控えめな街ですが、ゆっくりと流れる時間に身を任せ、数少ないお店の主人方との海野のお話が旅の思い出を彩るでしょう。